2024年07月06日

一生さんの「ブラックジャック」!観ました

生憎、抗がん剤6サイクル目に入ったばかりで
なんだかボーっとしていて
半分眠っているような状態が続いていましたが
録画した「ブラックジャック」を漸く見る事が出来ました。

今の私は推しへの想いがことのほか強く
生きる気概と言っても過言ではありません。

今回、「ブラックジャック」は
放送前から色々な雑音が入ってきました。

「ブラックジャック」は遠いむかーし‥
従弟の部屋で読んだこともありますが
正直言って、内容はほとんど忘れており
朧げな輪郭とビジュアルを味方に観るだけですので
気にはなりませんでした。

製作者とプロダクションとの意思疎通も
しっかり整っているのであれば問題ないのでしょうし‥
拘りのあるないは致し方のない事です。

私は「ブラックジャック」を思う存分堪能する事が出来ました。

声のトーンと言い、身のこなしと言い、表情と言い
始めて見聞きする高橋一生さんの芝居を拝見できて幸せでした。



ブラックジャックとピノコは
ストン!とどこからか舞い降りてそのまま何の衒いもなく
スタスタと現代の街中の道路を歩いているような風情でした。

明らかに舞台は現代なのですが
背景に広がるセピア色を感じる風景や
空間をかたち作る造形や調度品
登場人物の衣装や髪型、振る舞いまでもが
どこかノスタルジックで懐かしさを感じましたし
お香の漂うギャラリーの実に怪しげな
それこそ秘密基地的な存在に関しても
ファンタジーの趣さえ捉える事が出来ました。

魅惑的なブラックジャックと
ずっと構っていたくなるような可愛いピノコは
壮絶な運命を乗り越え、道程を共にしています。

2時間ドラマとしてとっても面白く見る事が出来ましたし
私にとって、ブラックジャックの印象は素敵なものとなりました。


一生さん良かったなぁ‥最高でした
もちろん、周りを固める俳優さんの出色が際立つからこそ
ブラックジャックたる所以が確立するわけです。

シリーズ化を望みます。







にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




mixiチェック
wxy812 at 21:53|PermalinkComments(0)ドラマ | 思うこと

2024年06月20日

366日‥ふぅ‥終わった‥って感じ


フジテレビ月9ドラマ「366日」が終わりました‥

実はこのドラマ、まともに見る事が出来たのは
3話位までで、後は苦しくなってしまって
直視できないような状態でした。

ですから録画をして様子をうかがっていました

観てしまうと感情が渦を巻いてしまって
冷静に観ていられなくなるんです‥

登場人物への感情移入はもちろんの事
ドラマの脚本へ対するイラつきのような感情も抑えきれず
見たいのだけれど、途中下車せざるを得なくなるのです

だったら、はなっから観なければいいのにと
思われるかもしれませんが
ドラマを観るのは大好きで、のめり込むからそうなるのです‥

結局、4話から10話は最終回目前の3日前あたりから
一気見に近い状態で、漸く観る事にしました。

色々と引きずる感情が短時間ですむので
イライラもつのらなくて済むと想い
一挙にドドーっと「366日」と向き合いました

「はっきり言いなさいよ!まったく、もう‥」
「ちょっと、それはないわよ!何言ってんの!」
「何チョロチョロ動きまわってるのよ!あなたは!」
「人の恋路を邪魔するなんて!野暮な事やってんじゃないよ!!」
「ああああああああ!じれったい!!見てられない!」
「ちょっと、焦りすぎよ!長ーい目でみてやってよ!」
「過去は置いといて‥今の彼と付き合ってよ‥もう‥」
と、いつもにも増して
感情が言葉となって噴き出てしまいます。



最終回の予告を見ると
過ぎ去った日々を遠くから見るような視線で
桜の木を見上げる明日香の様子が映しだされます‥
同時に「一生忘れられない恋だった‥」という過去形のフレーズと
悲恋ソングとして認識していた、HYの主題歌がバックに流れれば
どうしてもハッピーエンドという結果は想像しにくいですよね‥



最終回は‥半分祈るよう気持ちでドキドキして観ました。
ああ!早くスッキリしたい


遥斗は大阪へ旅立つ当日、竜ケ崎の駅のベンチに座り
電車を待っていました‥
和樹から渡された、コンサートのチラシを遥斗は見るのですが
二つに折って鞄の中へしまいます。

今日開催されているコンサートは明日香が出演しているのです。

「なんだよなんだよ!おい!行かないのか!おい!」
私の感情は容赦なく口を突いて飛び出してきます。

電車がホームに入ってくると遥斗は荷物を持ち
躊躇なくドアの前へ進み開くのを待ちます‥

「えー!このまま行ってしまうのかいな!」
ああやっぱり、このドラマはお別れのドラマだったんだ‥やはり‥
うーん‥仕方がないのかな‥遥斗の状態は傍で見ている程
元の状態にすっかり戻っているわけではないのだし‥



と想っていたら、なんとなんと!遥斗が
コンサート会場のドアの前で佇んでいるではありませんか!!
正に今明日香の演奏真っ只中というタイミングでした!!
「やっとだよ‥まったく‥もう‥‥」

肩の荷が下りるような感覚でした‥

ドラマを観てこんなに泣くのは久しぶりでした。
涙がドドーっと出てティッシュペーパーで鼻もかみながら
ああ!良かった‥と心底思いました。
明日香と遥斗が一緒に歩めればいいなあと想って観ていたので
私としてはほっとした母親のような感覚でした。

ずーっと振り回されっぱなしでした‥



そうか‥366日ってそういう事だったのかと
漸く理解できました。

HYの「366日」は、365日想ってもまだ足りないという事から
366日というタイトルとなったということのようですが
ドラマはそれプラス
遥斗と明日香がお互いの想いを確かめ合った日から
366日目に漸く再びあの時のように確かめ合う事ができたわけで
二つの意味合いがあるという事になりますよね

そして時は流れ‥2028年‥家族が3人になった場面は
観ていて本当に幸せな気分でした。

ふたりは一緒に居られる喜びと、今という時間の尊さを
辛い想いを重ねた分だけ充分感じているでしょうね‥


途中お腹いっぱいになりかけたドラマだったけど
とても楽しめたドラマでした。






にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


mixiチェック

2024年05月29日

一生さん!‥ご結婚おめでとうございます

一生さん、まりえさん、この度はご結婚おめでとうございます!
お幸せに、そして末永く添い遂げられますようお祈りいたします

「おめでとう」を、もっと早くブログに書きたかったのですが
私は現在、抗癌剤を投与しながら生活していますもので
体調に波があり、気力も低下していて
世の中の情報を把握しきれず
毎日の家事をこなすのにも精いっぱいの状態です

それでも、テレビ放映されている高橋一生さんご出演の
ドラマやバラエティー番組はしっかり観てはいます

昨年の5月映画館で観た「岸辺露伴ルーヴルへ行く」のTV放映も
新しい発見をしながら観る事が出来ました‥

そうかぁ‥あれから一年経つんだなぁ‥



最新作の「密漁海岸」は
作品の持つ世界観に引き込まれ夢中で観たので
それこそ全編が2~30分位にしか感じませんでした‥

トニオが完璧にトニオとして存在していて興奮しましたし
一生さんの岸辺露伴は言わずもがなですし‥

胸のはだけたエロい白シャツ姿の露伴ちゃん‥と
鮑を大量摂取した大蛸と戦う露伴ちゃんのセクシーな動きに
私の心の中に潜む、よそ行き顔した下心ってやつがしっかり反応し
挙句の果ての想像力を発揮させます‥
激しい動揺が私の体内を駆けめぐり
「ひゃあー!」っという
間の抜けた悲鳴を発声させるんですよ




「6秒間の軌跡」は夜遅いので録画して翌日観ています。
花火師として純粋培養的に生きてきた40過ぎ独り身の望月星太郎‥

星太郎の父親の幽霊と
その父親の幽霊が見えるという、住み込みの花火師見習い水森ひかり‥
そして今回から又しても住み込み花火師見習いの野口ふみかが加わり
なんやかんやと会話劇は盛り上がります

何気ない日常会話なんだけど、毎日積み重ねる人との交流って
良くも悪くも明日の存在を気づかせてくれるものなんだなあ‥
と思わせてくれます

惚れた腫れた、だましただまされた
死ぬか生きるかハラハラドキドキのドラマも
それはそれで面白いのですが
宇宙に浮かぶ地球の日本の山梨の小さな街の片隅の煙火店の人々が
小さな居間の座卓をはさんで会話をし
日々考え、想い、行動する姿をみていると
その健気さが、どこか自分にも通じていてしみじみしてしまいます

それに、望月家のあの間取りがどこか懐かしくて
親戚の家の出来事を見ているような気もしますし‥

と、まあ‥なんとか最低限の推し活を楽しんではいます




話は、あの日5月16日、Xにドドーっと流れる
一生さんと飯豊まりえさんとの結婚情報にぶち当たった時に移ります

あまりにも唐突な気がして‥
知った直後は不覚にも体のどこかで何かが弾け飛ぶような
自分でも考えてもみないショックを感じました。
びっくりな反応でした‥

2年前のスクープ記事はもちろん知ってはいましたが
高橋一生という人物は、お相手とお付き合いはしても
結婚というかたちをとることはないだろうと
どこか勝手に思い込んでいた節がありました。
 
私という人間が持つ度量と視野範囲で作り上げた世界の中では
高橋一生さんの立ち位置が「孤高の人」として存在していたからです。

一生さんを知ってから15~6年の月日を通じ
彼の放つ言動や作品等から
私が感じ取るまま、勝手に作り上げていった偶像が
あの記事を見た途端、自分の中で弾け飛んだんだ‥と思います。

とってもお目出たい事なのに、どこか寂しいような気がするのは
自分が作り上げ、自分の中に居た高橋一生像と
サヨナラしなくてはならなかったからでしょうねぇ‥

古希を迎える女心も地味に反応したってわけです‥

真に勝手な話ではあります。

DSCF3673

でも、ご結婚は一生さんにとって、新な船出だと思っています。

ピリオドの位置を早めに設定していた一生さんにとって
死という存在はいつも傍に鎮座しており
充実したお仕事を熟しながらも
どこか彷徨う部分もあったのでは?‥‥と想っています。

でも‥明るい光は「岸辺露伴」と共にやってきたのでしょうね‥
最高に良いご縁が無事結ばれて良かったと思います
「岸辺露伴」という存在は一生さんに転機をもたらしたと思います。

一生さんは以前、ご自身の結ばれなかった過去のご縁に対し
親しいご友人から「自らで動かなきゃだめだよ」と
指摘されたいきさつを苦笑しながらつくづくと語っていました。

今回はそれこそ「岸辺露伴は動いた」という事になるのかな?
自らしっかりと動き、明るい光を掴んだという事なのでしょうね

一生さん!これからはご自分の幸せを大切に
お相手と共に楽しんでお過ごしください


このところお顔が少し変わられたように感じていたのは
多分にご結婚の影響なのかもしれませんねぇ‥合点がいきました‥


兎にも角にも、私の推しは高橋一生さんです!
大好きな一生さんのこれからのお芝居が楽しみです



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




mixiチェック

2024年04月07日

4,5,6月は免疫力爆上がり!!

ついに録画圏内に入った
「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」です


暗くて、先が見えない‥ながーいトンネルの中を
随分と長い間歩いているような気がしていましたが
漸く光の点がゆらゆらと見え隠れしながら大きくなり
出口がしっかり見えていました

言うまでもなく、光とは推しである高橋一生さんです



その上、「岸辺露伴は動かない」からは
今回ドラマ化9作目となる
エピソード#6『密漁海岸』の先行放送が5月5日(日)13:00~BSP4K
NHK総合での放送が5月10日(金)22:00~に予定されています

まるで棚からぼた餅のような朗報でした

そうよねえ‥供給ゼロの味気ない日々の中で
「一生さん、今頃何しているんだろう‥」なんて
悶々と想いを廻らしていたけれど
一生さんが、ぶらぶらと暇こいているはずないわよねぇ‥



はい!!そして映画「岸辺露伴ルーヴルへ行く」の先行放送が
4月27日(土)19:00~BSP4K
NHK総合での放送が5月6日(月祝)15:55から予定されています

2022年12月に放送されましたドラマ第3期
第7話「ホットサマー・マーサ」と
第8話「ジャンケン小僧」は
NHK総合5月5日(日)16:10~放送予定です


6月30日21:00~は皆さん!
テレビ朝日ドラマプレミアム「ブラック・ジャック」の
放送が予定されています

ピノコ役の発表がまだなんですけど‥
後ろ姿は写っていましたが‥子役さんは、あの子かな?楽しみです!

映画「岸辺露伴ルーヴルへ行く」のBD&DVDの発売が
7月26日発売決定!と言うことで
しばらくは楽しめそうですし
免疫力もアップしそうです








にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 17:34|PermalinkComments(0)連ドラ | 高橋一生

2024年03月29日

アッと言う間に五か月が経ってしまいました‥お久しぶりです


「ブログをお休みします」と、ご挨拶してから五か月が経ちました。
皆さんお久しぶりです。

あれから、自身に起きている体の変化だけを見据えて
時間的に余裕の無い決断を、次から次へと最終的には自身で決断し
現在に至っています。

DSCF1606

病名はS状結腸癌のステージ3と言う事でした。

昨年10月中旬に近所の医院で行った内視鏡の結果が下旬にわかり
ほぼ癌に間違いないから
すぐに手術出来る病院へ行きなさいと言われ
大学病院の紹介状を携え翌々日に出向くと
今日から検査をするからと言われ、数日に渡り検査をしました。

11月6日には腹腔鏡手術をし16日に退院しますと
29日から抗がん剤治療が始まりました。

私の場合3週間ごとに6サイクルの投与が予定されています。

順調にいけばこの3月に6サイクル目が始まり
4月に入れば終了し、後は1か月、3か月、6か月に一回の
通院となっていくのでしょうが‥

やはりそんなにスムーズにはいかず
現在漸く4サイクル目に突入したところです。

投与予定日は事前に行う血液検査の結果をみて
投与できるかできないかは、医師が判断します。
中止の場合は医師が決めますが、問題ない場合は患者本人が決めます。

「今日は問題なさそうだけど‥やってみる?」と
医師は私に問いかけます。

私だってこんなに気持ちの悪い薬は投与したくはないですよ‥

思わず「今日は止めます」と言って一刻も早く晴れ渡る青空の下を歩き
駅ビルで食事でもして、家へ帰りたいのはやまやまです。
口から出かかる言葉をゴクリと飲み込み
一刻も早くこのサイクルから脱したいばかりに
「やります!!」と言うわけです。

私の場合、癌が転移している気配は今のところ無いのですが
何しろステージ3なので癌局部とリンパ節は手術で排除はしたのですが
もしかしたらどこかに潜んでいるかもしれないという事で
抗がん剤治療をしているわけで‥

抗ガン剤が私にとって良いのか、どうなのか‥
判断できないままここまで来ました。

5,6サイクルは止めて今回の4サイクルで終わりにしようか‥
などと考えている今日この頃です。

そんな中、昨年9月に注文した一生さんのフィギュアが
数日前に玄関脇の宅配ボックスの中に入っているではありませんか!

DSCF2177


私はフィギュアを見るなり
まさか1か月ちょっと後に自分が癌だという事実を
突き付けられるとはつゆ知らず
半年後に到着するであろう一生さんフィギュアを
何の躊躇もなくウキウキして注文していたんだなぁ‥と
今となっては、あの時のあっけらかんとした自分を思うと
なんだか、果てしなく遠い存在のように感じてしまいます。

それでも大好きな推しのフィギュアで遊ぶ
今年古希を迎えるおばちゃんは健気なもんです。

又、色々書かせていただきます。

よろしくお願いします。





にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村













mixiチェック
wxy812 at 17:53|PermalinkComments(0)生活 | 思うこと