2023年09月12日

頻繁に登場する、ロケ現場のあのビル

テレビドラマを観ていますと
時々、あれ?どこかで見たような部屋の間取りだな?
なんて思う事ってしばしばありますよね‥

今期のドラマの中にもロケで使用した部屋が
被っている作品があったりします。

同時期のドラマなので目立ちます。

「ウソ婚」の夏目匠(菊池風磨)の部屋と
「やわ男とカタ子」の小柳睦夫(三浦翔平)のお部屋が同じなんです。



F5LxDXxasAABopH
              テレビ東京「やわ男とカタ子【ドラマ公式】より          

もちろんインテリアはそれぞれのドラマで違いますが
居間とダイニングの境目にある階段がアクセントになっている
素敵なお部屋です。

それはさておき、私にはずーっと気になっていた部屋があるんです。
部屋というよりも事務所と言った方がぴったりの物件ですが
おおまかに年4期に分かれている全ドラマの中に
必ずどこかにその物件が登場すると言っても過言ではないほど
頻繁にドラマの撮影に使われる部屋です。

細長で事務所風のその部屋は
通りに面している側に素通しの窓が連なっており
高架を望む事が出来ます。
ドラマを見ていると、窓越しに京浜急行が走って行くのが見えます。

ご存じの方も大勢いらっしゃると思います。

今年に入ってからも
小田切渉役の福士蒼汰さん主演ドラマ「弁護士ソドム」で
母親の小田切祥子(高岡早紀)の法律事務所として使われていました。

そして今回、7月期のドラマの中でも
目黒連さん主演の「トリリオンゲーム」4話で放送された
サクサクラボの事務所が正にこの物件でした。

高橋一生さんが出演という事で数年前、再放送を観た
「ラストホープ」(2013年に放送)にも
歩美(多部未華子)が相談をする法律事務所として使われていて
京浜急行が見事に走る様子が映り込んでいました。

一生さん、玉木宏さんW主演の「竜の道」の中でも
竜一(玉木宏)が務める株業界紙のオフィスがそうでしたし
一生さん主演の「岸辺露伴は動かない」でも
志士十五(森山未來)の仕事部屋がそうでした。

まだまだ数多あるのですが書ききれません。

始めは気にもしていませんでしたが
最近ではCMで学習塾として使われていたりして
あまりにも頻繁に目にするので興味が湧き調べてみました。

京浜急行が見えるあの事務所風の部屋の場所は
大森海岸駅から徒歩で約3分程の第一下川ビルとのことです。

ロケ現場は観ている人にとって興味ある場ですし
推しが出ていたり、大好きなドラマですと
聖地となり巡礼すらする大事な場になりますよね。

私も若いころ、今は解体されて存在はしませんが
萩原健一さん主演の「傷だらけの天使」で修が暮らしていた
あの代々木のビルへ聖地巡礼しました‥

だとすると、あのビルって‥
知る人ぞ知る場であって、聖地でもあるのかしら‥?

便利な場所ですしねぇ‥
数えきれないほどのドラマ撮影の場として
多くのコーディネーターの目に留まるという事は
引き寄せるエネルギーがあるのかしらねぇ‥









にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村



mixiチェック

2023年09月07日

一生さんのフィギュア!


一瞬、一生さん本人と見紛うばかりのフィギュアでビックリ!
素晴らしい出来ばえだと思います。

それもそのはず、一生さんと映画スタッフが監修を務め
一生さんのデジタルスキャンをして完成させたそうです。

それにしましても、一生さんのフィギュアなんて夢のようです。

明日9月8日の16時から予約受付とのことです。
https://p-bandai.jp/item/item-1000197182/

準備数に達した場合、早期に受付終了となるそうです。
発送は2024年3月ということで
ちょっと待ち遠しいのですが、そりゃもちろん予約します。

本体+交換用左手首3種、交換用右手首4種
交換用フェイスパーツ3種、Gペンが商品内容とのことです。
商品サイズは150mmとあります。

私、勘違いをして4種類のフィギュアがあるのかと思いましたら
パーツを取り換えて違うポーズを楽しめるという事なんですね‥

しかし、果たしてスムーズに予約できるのでしょうか?

よーいドン!の瞬発力が
最近めっきり衰えてきているのですが
まあ、なんとかやってみましょう!

無事予約できますように



追伸‥本日9月8日、無事予約できました。








にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


mixiチェック

2023年09月01日

大きくなったね❕大西利空くん!



7月期のドラマは何本か観ていますが
「真夏のシンデレラ」をみていましたら、あら?と思い
調べてみましたら、やっぱり大西利空くんでした!

今回の利空くんの役は、物語のヒロインである森七菜さん演じる
蒼井夏海の弟、蒼井海斗役です。

母親と離婚した父の蒼井亮(山口智充)が経営する海辺の食堂を
サップトレーナーを兼ねながら姉の夏海が運営、家事全般を熟し
弟海斗を母親のようにフォローします。

ドラマはそんなシチュエーションの一家に関わる人々との交流と共に
真夏の海辺という恰好な場が齎す、男女の恋愛群像劇です。


残念ながら今回の利空くんは、まだ恋愛劇の中に入るには
ちょっと早いようで、あくまでも
姉、夏海の可愛い弟という立ち位置です。

大西利空くんは現在17歳と言う事ですが
私が最初に彼を意識し、認識したのは
齋藤工監督の映画「blank13」を観てからでした。

利空くんは主演の高橋一生さん演じる松田コウジの幼少期の役でした。

リリーフランキーさん演じる父親の松田雅人から小学生のコウジが
キャッチボールをしながら野球を教えてもらうシーンは
借金取りから逃れるため「ちょっとタバコを買ってくる」と言って
出て行ったきりとうとう帰って来なかった
父親との貴重な思い出として流れました。



映画「blank13」の公開は2018年2月3日の公開でしたが
撮影時期が2016年の9月ですので2006年5月生まれの利空くんは
当時10歳という事になります。



以後、NHK連続ドラマ「昭和落語心中」
映画「るろうに剣心最終章THEFINAL」
最近ではWOWOWドラマ「こころのフフフ」や
作品自体は観てないのですが
映画「水は海に向かって流れる」のスポットで
利空くんを見かけました。

著しく成長を遂げる真っ只中の時期なので
映像で見るごとに変化している事もあり、そうだろうと思っても
確信が持てず調べてしまいます。

若手期待の俳優として
お仕事が充実なさっているようで良かったです。






にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


mixiチェック

2023年08月30日

兎、波を走る!無事に大千穐楽を迎えました!そして今冬放送決定!

NOD・AMAP第26回公演「兎、波を走る」は
8月27日の博多座で大千穐楽を迎え無事69公演を乗り切りました。
おめでとうございます。

東京芸術劇場プレイハウスにおいて6月17日に初日を迎えた
東京公演は7月30日まで
大阪公演は新歌舞伎座で8月3日から13日まで
博多公演は博多座で8月17日から27日まででした。

想えば2か月以上前の、梅雨真っ只中の6月17日
晴れ男の異名を持つ一生さんらしい空模様の中舞台は開幕しました。

舞台「兎、波を走る」は
気象観測始まって以来最高の酷暑日を記録する中
アクシデント等の報告もなく無事全ての日程を熟し
多くの人々に感動、感慨を与えながら大千穐楽を迎えられたようです。

出演なさった役者さん達の千穐楽後のツイートを拝見しますと
千穐楽翌日、朝起きたら体が痛かった方、寂しさを感じている方
69公演を完走したスタッフ、キャストを労う方
素晴らしい舞台へ参加できた事へ感謝する方
舞台ロスを解消するには次の舞台しかない!と走り続ける方
そして何よりも皆さん観客への感謝を述べられていました。


私も体調不良でなければ、暑い夏の中を走り抜けながら
舞台の共犯者になれたのに‥と寂しい気持ちになります。

こうなりますと一刻も早い放送を期待していたのですが
待ってました!WOWOWで今冬「兎、波を走る」の放送決定!です。
良かった!!日程はまだ未定ですが、楽しみです!










にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 10:45|PermalinkComments(0)高橋一生 | 舞台

2023年08月21日

あら?聡子さん?…ビジュアル違いすぎ!



8月1日(火)から始まったフジテレビ深夜0時25分~55分放送の
「僕たちの校内放送」の録画を見ていると
あら?と一人の女優さんに目が留まりました。
ビジュアルがあまりにもかけ離れていたので
ピンとこなかったのですが‥

彼女はNHK連続テレビ小説「らんまん」で
万太郎に大学の出入りを禁じたあの田邊教授(要潤さん)の妻
聡子役の中田青渚さんでした。

「らんまん」では田邊教授との年の差が
親子程あるとお見受けする聡子さんですが
聡子の誕生日に「何か欲しいものはないか?」と問う田邊教授に
「一日だけ貴方をください。子供達が海を見たいと申しております」
という聡子の要望で、教授一家は海へ行くことになったのです。

ところが‥田邊教授が遊泳中に溺死したという新聞記事を
寿恵子が懇意にしている質屋で偶然見つけて‥

どうやら、聡子さんは未亡人になってしまったようです。
明日の放送で様子がはっきりするでしょう。

「僕たちの校内放送」ではクールで
ちょっと斜めに構えた女子高生藤原瑞輝役です。




中田青渚(なかた せいな)さんはここ最近よくお見受けします。
4月期のドラマ「だが、情熱はある」でいつもニット帽をかぶって
山里さん、若林さんを応援していたあの娘‥は中田青渚さんでした。



先だって、WOWOWで今泉力哉監督の特集があり
「あの頃。」「街の上で」の両作品にもご出演でした。

特に「街の上で」の中田青渚さんと若葉竜也さんの会話シーンは
二人の間がリアル過ぎて、こちらが変にドキドキしてしまうような
まるでドキュメンタリーのような臨場感がありました。


中田青渚さん‥
こちらが、何気なく見てしまうような
柔らかい光エネルギーを放っているような感じがします‥

気になる女優さんです。








にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村



mixiチェック