2023年06月23日

「まほろ駅前多田便利軒」及び「‥狂騒曲」を久しぶりに観ました



10年程前、テレビ東京で深夜に放送されていました
「まほろ駅前番外地」は息子に教えられて
録画して観ていました。
終了後、再放送されましたが、再びお願いしたいです
ダビングした記憶はあるのですが
荷物の移動や介護など、バタバタした生活が続き
探しているのですが未だ見つかりません誰かに貸したのかな‥?

まほろの街を抜群のバディ感満載で闊歩しながら醸す
多田と行天の、あの独特な世界観にまったりと浸りたいです。

でも今回、WOWOWで大森立嗣監督作品を特集していまして
久しぶりに「まほろ駅前多田軒便利屋」及び
「まほろ駅前狂騒曲」の2作品を、無事観る事ができました。


【まほろは、東京都から神奈川県に突き出るようにある街だ‥
都会ではないけれど、田舎とも言えない‥
海からは遠いいが、山間部ではない。

なぜか、天気予報が大抵外れる。

この街には人も物も流行りも最後に流れ着く。
まほろで生まれた人はまほろから出ていかない。
稀にまほろを出た人も何れ舞い戻る。
揺りかごから墓場まで、ここで一生過ごす。

今俺は、まほろ駅前で便利屋をやっている。結構真面目に‥
まほろ駅前から走って一分、歩いて三分‥】
まほろのあらましを多田が語り
街のあちらこちらを捉えた映像が流れる「まほろ駅前便利屋多田軒」の
プロローグが大好きです。


まほろとは、言わずと知れた町田をイメージした街です。
でも、イメージと言うより町田そのものですよね‥

原作者である“三浦しをん”さんは
子供の頃、世田谷から町田へ引っ越しをしてきて以来
町田に住み続け、町田の古書店ではアルバイトもしたそうです。

2014年初頭、55年の歴史に突然幕を下ろしてしまった
町田の「プリンス」という老舗喫茶店に
“三浦しをん”さんのサインや、テレビ番組出演に関する
チラシが貼ってあったのを思い出します。

実は亡くなった夫も町田で育ち
現在は町田駅近くの寺の墓で眠っています。
息子も町田で育ち、現在も町田に住んでいます。

そんな事から特別に「まほろ駅前‥」を身近に感じ
共感を覚えるのかもしれません。

それにしましても、「‥便利屋多田軒」も「‥狂騒曲」も
娯楽映画として大変に面白く、観ていて飽きる事はないです。

何よりも瑛太(永山瑛太)さんといい、松田龍平さんといい
ご自身の持ち味の極上の部分を
良い匙加減で多田と行天に落とし込んでいて、最高です!

それこそ、二人のやり取りの様子は
ずーっと見ていたいくらいな気持ちになり、嵌ります。

映画に漂うなんとも言えない地元感もたまらないです‥

あなたが―♪噛んだ~♪小指が痛い~♪‥‥

この歌が流れると多田の心はシクシクするんだろうな‥
そして、行天は多田を想うのだろう‥

小指の思い出は‥切っても切れない縁(えにし)との出会い‥
なんちゃって‥

なぜ小指なのか‥観ていただければわかると思います。



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




mixiチェック

2023年06月03日

あまちゃん!やっぱり面白い!

NHKBSプレミアムで、この4月から始まった「あまちゃん」は
2013年(平成25年度)4月1日から9月28日まで
第88作目の連続テレビ小説として
NHK総合及びNHKBSプレミアムにおいて放送されました。

当時、まだ元気だった母と私は
毎朝、のめり込むように視聴していたドラマでした。



えっ⁉あれから10年も経ってしまったの?と
時の流れの速さに、恐ろしさを感じてしまいます。

ちょうど2011年の東日本大震災から2年経たった頃で
ドラマの舞台が北三陸の架空の街が舞台で
しかも、震災前から震災後を描く話だと知り
とっても興味深く観ていました。

何と言っても、あのオープニングのテーマ曲の調子の良さは
忙しい朝バタバタと何かやっていても、聞こえてくると
テレビの前へ体ごと引っ張られてしまうような
力強さと楽しさに満ち溢れていました。

「じぇ、じぇ、じぇーっ!」という驚いた時に発する方言も
インパクトがあり、新鮮で印象的でした。

当時、能年玲奈と名乗っていた“のん”さんは
“天野アキ”というヒロイン役を
愛くるしく、とっても魅力的に演じていました。

アキの大好きな高校の種市先輩は
「おらとデートしてけろ」と言う可愛いアキの告白をけり
親友の唯ちゃんを選びましたが、私だったら絶対アキちゃんだな‥
と肩入れしながら、観ていました。

東京では表現できずにいた本来のアキの姿は
無理する事なく自然に、北三陸という場から発信されました。

アキは失敗しながら、躓きながら、模索しながらも
ぱっと閃いた感覚と共に突き進むので
周りを驚かせる事もしばしばです。



東京から北三陸にある母春子の実家への移住が
天野母娘へ齎したことは

アキに対して悪影響を与える言葉を投げていた母春子が
過去の自分と対峙する事が出来た事で改心した事と

アキが母春子から悪い呪文のよう投げかけられていた言葉によって
封じ込められてきた自分を解放し
本来の自分を表現できるようになった事なんでしょうね。

今再び、あまちゃんを観ていると
昨今、こんなに夢中になって観る面白い連ドラってあったかな?
と思ってしまいます。

宮藤官九郎さんの脚本ということで、所謂小ネタが
そこここに散りばめられていて、結構嵌り、共感します。
気持ちが弾み、先を見届けたくて、しかも郷愁にも駆られ
小気味好いテンポに乗って観ています。

何と言ってもあの、「潮騒のメモリー」ですよ!
盛り上がりましたよね当時‥

紅白歌合戦であまちゃんの出演者と共に
唯ちゃんとアキが歌ったあの瞬間
私の気分は最高潮に達したのを思い出します。

今回も「潮騒のメモリー」が再び私の体の中を廻ります。
家事をしながら「来てよ その火を 飛び越えて~♪」と
口をついて出てきます。


「あまちゃん」の放送終了後
能年玲奈さんは、バラエティー番組などに
一時、引っ張りだこのような気配をみせていました。

しかし、出演していた彼女は意外にも
とっても戸惑っている様子で、あらゆるインタビューに対して
器用に答えたり、振る舞う事が苦手のようで
周りの大人をアタフタとさせている様子を見ました。

私は、ああ‥こういう子なんだな‥と想い
別に、俳優さんなんだし
バラエティー番組で小器用に振る舞えなくてもいいんじゃないの?
と思いながら、彼女のこれからの活躍を
とっても楽しみにしていましたし
きっと、引く手あまたなんだろうなと、想像していました。

しかし何があったのか詳しく知りませんが
その後、“のん”とお名前を変え
思った程のご活躍を拝見できませんでした。

今回、再放送ではありますが
なんだか、とっても新鮮で夢中で観ています。

面白いですし、当時の能年玲奈さんの芝居が
天才的にすごいなぁ~と、改めて思います。





にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村





mixiチェック
wxy812 at 23:19|PermalinkComments(0)連ドラ | 思うこと

2023年05月31日

岸辺露伴ルーブルへ行く!お代わりして来ました

昨日、「岸辺露伴ルーブルへ行く」をお代わりして来ました。

意外にも、約束事などの外出時には天候に恵まれる事の多い私は
映画開始時間に合わせて家を出る頃には
雨はすっかり止み、映画を観終わり外へ出ると
目がチカチカする程の晴天となっていました。

映画館に到着するなり、グッズ目掛けて突進しましたが‥‥
やはり噂通り、主だったグッズは皆無でした。
しかも中三日しか経っていないのに
品物が完売状態で、売り場は半分に縮小されていました。

そして、思いの外観客が多く、老若男女入り混じる館内でした。




2回目ですが、初めて観た時と変わらぬ感慨を覚えました。

露伴にとっては忘れ難く
ずっと心に留まっていた過去の出来事への想いが
ルーブル美術館での取材の最中に
思いもよらぬ出来事に遭遇したことで
ある確信を得て帰国する事になります。

そして‥‥

やっと見つけた、ある場所に於いて全てを知る事となる件は
まさに露伴にとっても、観客にとってもクライマックスでした。
再び息を吞み、目を見張り、見入ってしまいました。

監督が「おんな城主直虎」と同じ渡辺一貴さんという事もあり
高橋一生さんの鬼気迫る芝居を観るにつけ
場面の至る所に、政次と相通ずる瞬間を感じてしまい
思わず目の奥が熱くなり、ジワーっとしてしまいました。

本当に面白く上質な映画を観たなと、再び観て確信しました。

もっと色々と書きたい衝動に駆られるのですが
まだ上映が始まったばかりですのでこの辺にしておきます。




にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


mixiチェック

2023年05月26日

岸辺露伴ルーブルへ行く!観てきました!



いつものように最寄りの駅から電車で10分ちょっと
歩いて数分の映画館で
「岸辺露伴ルーブルへ行く」を観てまいりました。

本日初日、12時45分からの2回目の上映を観ました。

DSCF2147

このところ月一回程度、映画館へ足を運んでいますが
平日にしては観客が多く3分の2位の席が埋まっていて驚きました。

しかも岸辺露伴のグッズコーナーを見ると人が群がっていて
おばちゃんとしては搔き分けてじっくり選びたい想いは山々ですが
フッと終活中である事を思い出し
これ以上物は増やしてはいけない‥と思い諦めました。

見たところ若い男女はもちろんのこと
中年や初老とお見受けする方々も意外に多くいらっしゃっていて
年齢層、性別に広がりがあるようです。

多面的な観点からの入口を持つ
この映画の特性を改めて感じとる事ができました。

ズバリ!映画は最高でした!
私が高橋一生さん推しだから言っているというわけではなく
この映画を作る人々の熱量の高さと想いの深さが
観ているこちらに球となって
直球で飛んでくるような手応えがありました。

エンドロールが流れ、館内が明るくなるまで
座席に腰をしっかりと落ち着け
余韻に浸る事の出来る、実に上質な映画でした。

他の観客の方々も同じ想いだったのか
せかせかと立ち上がり帰りを急ぐ方はいませんでした。


もう一度観てみたいと思います。
グッズ‥その時まで‥まだあるかな‥売り切れちゃうよね‥
やっぱり‥キューピーのが欲しいなぁ~






にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


mixiチェック

2023年05月15日

「兎、波を走る」はあきらめました

NODA・MAP第26回公演「兎、波を走る」の
チケット先行予約は軒並み落選してしまいました。

2次のプレオーダー受付のお知らせが来ましたが
なんだろう?気が留まってしまって‥今回は見送る事にしました。

ああ!同じ場に流れる気の中で高橋一生さんの芝居を
共有したいという衝動は抑えきれない位にあるのです‥

しかし、今回はそれ以上に、義妹の闘病生活の事情と相まって
一旦は去って行ったと思っていた
亡くなった母へ対する喪失感が
再び波のように強く押し寄せるような感覚で
私の中へねりねりと津波のように這い上がってくるのです‥

溺れてしまわぬように、なんとか高台に上がって行かなければと
今、前へ前へと歩みを進めている現況です。

ギリギリなんてことは決してありませんが
余裕ある心持ちと、しっかりと立てる場を見つけています。


これまで何かに突進し、現場で高揚する事で充実感を得ていました。

しかし、最近は離れて全体を観ている事の方が落ち着くし
その方が細部まで見極める事が出来るような気になってしまうのです。

もちろん「岸辺露伴ルーブルへ行く」は映画館へ足を運ぶ予定です。



何も考えず、ストレートな行動をとれる事って
幸せな事だったんだなぁ‥










にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





mixiチェック
wxy812 at 22:52|PermalinkComments(0)舞台 | 思うこと