高橋一生

2024年07月06日

一生さんの「ブラックジャック」!観ました

生憎、抗がん剤6サイクル目に入ったばかりで
なんだかボーっとしていて
半分眠っているような状態が続いていましたが
録画した「ブラックジャック」を漸く見る事が出来ました。

今の私は推しへの想いがことのほか強く
生きる気概と言っても過言ではありません。

今回、「ブラックジャック」は
放送前から色々な雑音が入ってきました。

「ブラックジャック」は遠いむかーし‥
従弟の部屋で読んだこともありますが
正直言って、内容はほとんど忘れており
朧げな輪郭とビジュアルを味方に観るだけですので
気にはなりませんでした。

製作者とプロダクションとの意思疎通も
しっかり整っているのであれば問題ないのでしょうし‥
拘りのあるないは致し方のない事です。

私は「ブラックジャック」を思う存分堪能する事が出来ました。

声のトーンと言い、身のこなしと言い、表情と言い
始めて見聞きする高橋一生さんの芝居を拝見できて幸せでした。



ブラックジャックとピノコは
ストン!とどこからか舞い降りてそのまま何の衒いもなく
スタスタと現代の街中の道路を歩いているような風情でした。

明らかに舞台は現代なのですが
背景に広がるセピア色を感じる風景や
空間をかたち作る造形や調度品
登場人物の衣装や髪型、振る舞いまでもが
どこかノスタルジックで懐かしさを感じましたし
お香の漂うギャラリーの実に怪しげな
それこそ秘密基地的な存在に関しても
ファンタジーの趣さえ捉える事が出来ました。

魅惑的なブラックジャックと
ずっと構っていたくなるような可愛いピノコは
壮絶な運命を乗り越え、道程を共にしています。

2時間ドラマとしてとっても面白く見る事が出来ましたし
私にとって、ブラックジャックの印象は素敵なものとなりました。


一生さん良かったなぁ‥最高でした
もちろん、周りを固める俳優さんの出色が際立つからこそ
ブラックジャックたる所以が確立するわけです。

シリーズ化を望みます。







にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




mixiチェック
wxy812 at 21:53|PermalinkComments(0)

2023年09月12日

頻繁に登場する、ロケ現場のあのビル

テレビドラマを観ていますと
時々、あれ?どこかで見たような部屋の間取りだな?
なんて思う事ってしばしばありますよね‥

今期のドラマの中にもロケで使用した部屋が
被っている作品があったりします。

同時期のドラマなので目立ちます。

「ウソ婚」の夏目匠(菊池風磨)の部屋と
「やわ男とカタ子」の小柳睦夫(三浦翔平)のお部屋が同じなんです。



F5LxDXxasAABopH
              テレビ東京「やわ男とカタ子【ドラマ公式】より          

もちろんインテリアはそれぞれのドラマで違いますが
居間とダイニングの境目にある階段がアクセントになっている
素敵なお部屋です。

それはさておき、私にはずーっと気になっていた部屋があるんです。
部屋というよりも事務所と言った方がぴったりの物件ですが
おおまかに年4期に分かれている全ドラマの中に
必ずどこかにその物件が登場すると言っても過言ではないほど
頻繁にドラマの撮影に使われる部屋です。

細長で事務所風のその部屋は
通りに面している側に素通しの窓が連なっており
高架を望む事が出来ます。
ドラマを見ていると、窓越しに京浜急行が走って行くのが見えます。

ご存じの方も大勢いらっしゃると思います。

今年に入ってからも
小田切渉役の福士蒼汰さん主演ドラマ「弁護士ソドム」で
母親の小田切祥子(高岡早紀)の法律事務所として使われていました。

そして今回、7月期のドラマの中でも
目黒連さん主演の「トリリオンゲーム」4話で放送された
サクサクラボの事務所が正にこの物件でした。

高橋一生さんが出演という事で数年前、再放送を観た
「ラストホープ」(2013年に放送)にも
歩美(多部未華子)が相談をする法律事務所として使われていて
京浜急行が見事に走る様子が映り込んでいました。

一生さん、玉木宏さんW主演の「竜の道」の中でも
竜一(玉木宏)が務める株業界紙のオフィスがそうでしたし
一生さん主演の「岸辺露伴は動かない」でも
志士十五(森山未來)の仕事部屋がそうでした。

まだまだ数多あるのですが書ききれません。

始めは気にもしていませんでしたが
最近ではCMで学習塾として使われていたりして
あまりにも頻繁に目にするので興味が湧き調べてみました。

京浜急行が見えるあの事務所風の部屋の場所は
大森海岸駅から徒歩で約3分程の第一下川ビルとのことです。

ロケ現場は観ている人にとって興味ある場ですし
推しが出ていたり、大好きなドラマですと
聖地となり巡礼すらする大事な場になりますよね。

私も若いころ、今は解体されて存在はしませんが
萩原健一さん主演の「傷だらけの天使」で修が暮らしていた
あの代々木のビルへ聖地巡礼しました‥

だとすると、あのビルって‥
知る人ぞ知る場であって、聖地でもあるのかしら‥?

便利な場所ですしねぇ‥
数えきれないほどのドラマ撮影の場として
多くのコーディネーターの目に留まるという事は
引き寄せるエネルギーがあるのかしらねぇ‥









にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村



mixiチェック
wxy812 at 20:14|PermalinkComments(0)

2023年09月01日

大きくなったね❕大西利空くん!



7月期のドラマは何本か観ていますが
「真夏のシンデレラ」をみていましたら、あら?と思い
調べてみましたら、やっぱり大西利空くんでした!

今回の利空くんの役は、物語のヒロインである森七菜さん演じる
蒼井夏海の弟、蒼井海斗役です。

母親と離婚した父の蒼井亮(山口智充)が経営する海辺の食堂を
サップトレーナーを兼ねながら姉の夏海が運営、家事全般を熟し
弟海斗を母親のようにフォローします。

ドラマはそんなシチュエーションの一家に関わる人々との交流と共に
真夏の海辺という恰好な場が齎す、男女の恋愛群像劇です。


残念ながら今回の利空くんは、まだ恋愛劇の中に入るには
ちょっと早いようで、あくまでも
姉、夏海の可愛い弟という立ち位置です。

大西利空くんは現在17歳と言う事ですが
私が最初に彼を意識し、認識したのは
齋藤工監督の映画「blank13」を観てからでした。

利空くんは主演の高橋一生さん演じる松田コウジの幼少期の役でした。

リリーフランキーさん演じる父親の松田雅人から小学生のコウジが
キャッチボールをしながら野球を教えてもらうシーンは
借金取りから逃れるため「ちょっとタバコを買ってくる」と言って
出て行ったきりとうとう帰って来なかった
父親との貴重な思い出として流れました。



映画「blank13」の公開は2018年2月3日の公開でしたが
撮影時期が2016年の9月ですので2006年5月生まれの利空くんは
当時10歳という事になります。



以後、NHK連続ドラマ「昭和落語心中」
映画「るろうに剣心最終章THEFINAL」
最近ではWOWOWドラマ「こころのフフフ」や
作品自体は観てないのですが
映画「水は海に向かって流れる」のスポットで
利空くんを見かけました。

著しく成長を遂げる真っ只中の時期なので
映像で見るごとに変化している事もあり、そうだろうと思っても
確信が持てず調べてしまいます。

若手期待の俳優として
お仕事が充実なさっているようで良かったです。






にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 14:58|PermalinkComments(0)

2023年08月11日

わが街で、ちょっと推し活を‥

今現在盛り上がっているNODA・MAP最新作「兎、波を走る」を
諦めてしまう程、気持ちが落ち込んでいました。

想えば、「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の憂鬱」以来
高橋一生さんのご活躍の姿はCM以外に見る事が出来ません。

なんだか、ぽっかりとあいてしまった穴から
ひゅ~っと、隙間風が通り抜けていくような寂しい想いが漂います。

よし!と奮い立ち、今私にできる最小限の推し活をしようと
今日は買物がてら、わが街にもある例のあの地銀へ行ってきました。

徐に数段の階段を上がり中へ入りますと‥
はぁ~‥いたいた!いらっしゃいました!出迎えてくれました!

一生さーん!思わず駆け寄りパチリ!その途端
キャンペーンが終わったら
この等身大のパネルスタンドはどうなるの?
処分されるのなら、頂けないものかしら‥尋ねてみようかしら‥
などという欲望とも懸念ともつかぬ想いを廻らす私でした‥


IMG_0086


しっかり、リーフレットも頂きながら
預金もおろして、目の前の一生さんも撮らせていただきました。


DSCF2151


IMG_0089


私は若いころからずっとこの地銀とお付き合いをしていますが
一生さんをイメージキャラクターに抜擢するなんて
判断力、分別の優れた銀行なのねセンスいいわぁ~






にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村













mixiチェック
wxy812 at 16:30|PermalinkComments(0)

2023年05月31日

岸辺露伴ルーブルへ行く!お代わりして来ました

昨日、「岸辺露伴ルーブルへ行く」をお代わりして来ました。

意外にも、約束事などの外出時には天候に恵まれる事の多い私は
映画開始時間に合わせて家を出る頃には
雨はすっかり止み、映画を観終わり外へ出ると
目がチカチカする程の晴天となっていました。

映画館に到着するなり、グッズ目掛けて突進しましたが‥‥
やはり噂通り、主だったグッズは皆無でした。
しかも中三日しか経っていないのに
品物が完売状態で、売り場は半分に縮小されていました。

そして、思いの外観客が多く、老若男女入り混じる館内でした。




2回目ですが、初めて観た時と変わらぬ感慨を覚えました。

露伴にとっては忘れ難く
ずっと心に留まっていた過去の出来事への想いが
ルーブル美術館での取材の最中に
思いもよらぬ出来事に遭遇したことで
ある確信を得て帰国する事になります。

そして‥‥

やっと見つけた、ある場所に於いて全てを知る事となる件は
まさに露伴にとっても、観客にとってもクライマックスでした。
再び息を吞み、目を見張り、見入ってしまいました。

監督が「おんな城主直虎」と同じ渡辺一貴さんという事もあり
高橋一生さんの鬼気迫る芝居を観るにつけ
場面の至る所に、政次と相通ずる瞬間を感じてしまい
思わず目の奥が熱くなり、ジワーっとしてしまいました。

本当に面白く上質な映画を観たなと、再び観て確信しました。

もっと色々と書きたい衝動に駆られるのですが
まだ上映が始まったばかりですのでこの辺にしておきます。




にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 21:48|PermalinkComments(0)